読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017ノートパソコンの新製品(USB-C充電とGPU含めて)

パソコン選び/GPU選び

USB type-C(Thunderbolt 3)で充電できる PC は、大変便利と思います。

 

ACアダプターの共用できますし、PC買い替えの際に流用できます。異なるメーカーでも共用できます。

家庭と職場に1個ずつ置いておけば、荷物も軽くなりますし。

USB-C の充電器は、かなりコンパクトなのもあり、外出用に軽いのを持っておく手もあります。

また、「市販のモバイルバッテリーで充電できる」のも良いところです。私が以前使っていたパナソニックレッツノートは、純正バッテリーが10000円(S)、15000円(L)もします。ビジネスですと、交換バッテリー必要な場合もあるわけですが、USB-C対応なら、市販の2-3000円のモバブーで、持続時間を伸ばせるわけです。

 

対応の PC としては、Macbook, Macbook Proが有名ですね。

 

2016年当時、対応したPC はあまり多くなかったのですが

2017年になって、多くのメーカーが発表しました。
(詳しくは、「2017 CES」で検索してみてください)


ディープラーニングへの使用を考えると、GPUの有無も重要で、そちらも合わせて記載します。

 

私が興味を持っているメーカーのみなので、網羅はできておりません。

1.DELL XPS

2.DELL Gaming

3.Lenovo Thinkpad

4.Lenovo Gaming

5.ASUS Gaming

6.Xiomi air

 

結論から言えば、私の目的では XPS15 の新機種(モデル9560)が適切かと思いました。最近 laptop 買っちゃったので、様子見ですが・・・

 

1.DELL XPS
 XPS15 と XPS13 2-in-1 が発表されました。
 どちらも USB-C 充電に対応しています。
 外部 GPU は、XPS15 が、GeForce GTX 1050 (4GB)を搭載しています。

 情報待ちですが、XPS15のバッテリーが少ないモデルは、ひょっとすると m2 PCIe と SATA3 のデュアルストレージかもしれません。分解レポート待ちです。

 

2.DELL Gaming
 Gaming laptop として、AlianWareシリーズが更新されたほか、新たに Inspiron シリーズが導入されました。
 充電が USB-C なのか、確認できませんでした。Gamingですので、従来型のACアダプターかもしれません。
 外部GPUは、いずれも GeForce 10系を搭載しています。Alianware は GTX 1050-60 を積んでいるようです。


3.Lenovo Thinkpad
 USB-C 充電に対応したモデルが発表されたようです。Thinkpad はまだ旧モデル(USB-C充電非対応)が販売されており、日本投入がいつになるか注意が必要です。
 外部 GPU は、T470p に乗る可能性があるようです。ただし GeForce 9x シリーズなのが注意です。2016年発売の 10x 系で、deep learning の新機能が搭載されているようです(FP16, ユニファイドメモリ)、ディープラーニングをする、特に医用画像解析を行うなら、10x 系を購入した方が良いのだろうと思います。


4.Lenovo Gaming
 USB-C がついているのは確認しましたが、充電できるかは分かりませんでした。
 外部GPUは、いずれも GeForce 10系を搭載しています。

 どの機種も、キーボードがテンキー付きのようです。私はテンキー付きでホームポジションが左にズレているのに違和感を感じるため、できればテンキーレスのモデルが良いです。

 

5.ASUS Gaming
 ASUSのGaming PC, ROGシリーズは、DELLLenovoに比べてコストパフォーマンスが良いようですね。ただし高機能を狙っているためか、実質はさほど安くはない印象です。

 こちらもテンキー付きのようです。

 

6.Xiomi air

 

 2016モデルです。Macbookair)をもろ意識したデザイン(というか、パクリというか)。

 12と13インチモデルが有り、どちらもUSB-C充電。

 m2 SSD x2 のデュアルストレージです。

 13インチにはGPU(940MX)も載り、ディープラーニングの練習用にも。

 RAM 増設はできません。

 問題は、Windows10が中国語モデルである、ということ。トラブルを自力で解決できる、トラブルを楽しめる人でなければ、買わないほうが良さそうです。


ということで、
 2017年になって、ノートパソコンは急速に USB-C 充電へとシフトしているように思われます。世界で最もたくさんのPCを売っているのが LenovoDellは第3位ですが、これらが USB-C にシフトしたことで、今後どんどん変わっていきそうです。

 国産モデルは未チェックですが、NEC富士通Lenovo傘下に入っているため、Lenovoの USB-C シフトに合わせていくのではと思います。

 他には PanasonicToshiba がありますが、Toshiba は不正会計からの大赤字で将来が見えず。Panasonic はレガシーデバイスにこだわるので、まだしばらくは 16V ACアダプターでしょうね。実際、レッツノートは2017の冬モデルでも従来型の AC アダプターを使用しています。


 私は現在 Lenovo Thinkpad T460 がメインマシンです。Lenovo はキーボード、堅牢性などが良いとされますが、複数モデル間でバッテリー形状を共通させる(※X260、T460で共通ですが、以前のX220~250などとも共通みたいです)など、エコなのも良いところです(これに引き換えレッツノートは ブツブツ)。

 私は最近は3台続けてレッツノートでした(家族のを含めると、6台!)が、こういう他社の良いところは、貪欲に吸収して(パクって)ほしかったなぁと思います。

 

※厳密には、USB type-C には様々な規格が乱立しているようです。
 どこまで共用できるのかわからないので、自己責任にてお願いします。